VACAN Maps
VACAN Maps

お店や施設のリアルタイムの
混雑・空きを発信できるサービス

資料ダウンロード

VACAN Mapsとは?

簡単・手軽にリアルタイムの空き・混雑情報を配信!

近くにいるお客様をお店に呼び込んだり、常連様の「今入れる?」の電話の代わりにしたり、幅広くご活用いただけます。

空き情報の更新には、ワンプッシュでOKのボタン型機器をご用意。
厨房やホールでの作業の合間にさっと押すだけで、忙しい人気店でもご利用いただけています。

VACANのトイレ向け混雑可視化サービスとは?

VACAN Mapsの強み

  • 来店のきっかけづくりやリピーターづくりに

    お店のHPやSNSなどにVACANのリンクを掲示して、気になっているお客様が来店されるきっかけを作れます。また、一度来店されたお客様にVACANのことをお教えすれば、「今入れますか?」の電話対応も不要に!

  • 絶対に迷わない、ボタンを押すだけの操作

    混雑状況に合わせてボタンを押すだけの簡単操作!近くで「今入れる」お店を探しているお客様にアプローチできます。

  • 10分後にご来店!予約台帳不要の直前予約機能も

    お客様からの「10分後にお店にいきたい」というリクエスト機能も利用可能。予約受け入れは、かかってきた自動音声電話の質問に、電話のボタンを1つ押すだけ。

効果をあげやすい場所

  • リピーターが多い、または今後増やしたいお店

    お客様の満足度をさらに上げてリピーターをがっちり掴みたい!お客様にとっても煩わしい「今から行って入れるかな」という疑問を、わざわざ電話をしていただいたり試しにご来店いただいたりしなくても、解消できるようになります。

  • 空中階や地下にあるお店

    店頭での呼び込みや看板の設置は決め事が多く大変。VACAN Mapは空中階でも路面店と同じように表示されるので簡単に発見してもらえます。オプションで店頭にデジタルサイネージも設置可能です。

  • 混雑具合を可視化することで
    お客さんの安心につながる場所全般

    密を避けて楽しみたいお客様もまだまだ多い中、リアルタイムの空き情報だけでなく空きがちな時間帯も追加情報として配信可能。もちろん、コロナ対策についても詳細にPRできます

導入事例

  • ラーメン巌哲様

    早稲田の人気ラーメン店「ラーメン巌哲」様。行列が当たり前だったラーメン店が、新型コロナ対策に対応した店舗になるべく180度発想を転換し、地図上で混み具合がわかるVACAN Mapsをご利用いただいています。

  • 立ち呑みや じゃんだら様

    中野坂上駅前の立ち飲み屋「じゃんだら」様は、店内の様子が外からうかがえず、新規客にとって入店にハードルがありました。そこで地図上で混み具合がわかるVACAN Mapsを活用し、リアルタイムの混み具合を発信されています。

より詳しい情報を
ご希望の方へ

資料ダウンロード

トップへ戻る

資料DL・お問い合わせ