2021.07.01

VACANの受付・待ち順管理機能とは?【VACAN早わかりVol.03】

株式会社バカンが提供しているリアルタイム混雑情報配信プラットフォーム「VACAN」には、受付や待ち順の管理を行う機能もあります。お客様の声を伺うと、VACANはカメラやセンサーで混雑可視化を行うサービスというイメージを持たれることも多いようですが、実際には混雑を無くすための手段として、店頭で使えるデジタル整理券システムや席予約システムもご提供しています。今回は、そうした受付・待ち順管理機能の詳細についてご説明します。

そもそもVACANとは何?という方は、こちらの記事をご覧ください。
>> VACANとは何?かんたんにご説明します【VACAN早わかりVol.01】

VACANの混雑可視化機能について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
>>VACANの混雑可視化機能とは?【VACAN早わかりVol.02】

VACANでは受付や待ち順の管理、席予約もできる

VACANで受付や順番待ちの管理ができる(Q ticket)

VACAN Q ticketは、店頭に設置して、無人で受付や待ち順の管理が行えるタブレットです。専用のスタンドを使って設置することが多いですが、カウンターなどに置いてお使いいただくことも可能です。

VACAN Q ticket

お客様が来店時に、Q ticketのタブレットを操作すると、整理番号が書かれた紙の整理券が発券されます。そこに記載のQRコードを読み込むと、連絡先を登録でき、順番が近づいたときに通知を受け取ることができます。お客様はその場で順番を待つ必要が無く、待ち時間を自由に過ごしていただけますし、店舗側としては行列の発生を抑止できます。順番の管理などは、店舗側の管理用タブレットから行うことができます。

行列は時間別の完全予約制をとれば無くすことができますが、どうしても時間別予約が馴染まない場所もあります。例えば、ラーメン店などふらっと入るお客様が多い飲食店や、物販をしているお店などです。また、お店に限らず、市役所の窓口などでもご利用いただいています。VACANはデジタルサイネージとの連携実績が豊富ですが、Q ticketももちろん、大きなモニターに現在の順番待ち状況をきれいに表示することができます。既に整理券システムを利用されている場所でも、Q ticketを使うことで安価にアップグレードができます。

<関連する機能>
VACAN Q ticket

VACANで座席を予約受付可能にできる(AutoKeep)

VACAN AutoKeepは、カフェやシェアオフィス、フリーアドレスオフィスなどの座席に設置をして席の予約受付を可能にするタブレットです。集中して作業ができるブース席のような場所にお使いいただくことが多いですが、最近設置が増えているオフィス用の一人用通話ブースなどでのご利用も可能です。

VACAN AutoKeep

こちらの予約は、「これから席を使いたいから、◯◯分間席をおさえておく」といった直前予約です。専用サイトから直前予約を入れると、座席横の壁など目立つ場所に設置したタブレットの表示が、この席には予約が入っているという旨の表示に切り替わります。席にたどりついて利用を開始する場合は、タブレットの利用開始ボタンを押します。おさえている時間内に利用を開始できない場合は、予約がキャンセルされます。予約というより「席を仮押さえする」という感覚が近いかもしれません。

AutoKeepの特長は、2つあります。1つは、席が予約されていないときは、未予約のお客様でもウォークインで利用できる点です。その際も利用開始時にタブレットをタップします。予約席を設けると、ウォークインのお客様を受け入れられなくなり回転率が落ちるケースが散見されますが、AutoKeepではそうした心配はありません。

もう1つのAutokeepの特長は、スタッフのオペレーション負荷が格段に低いことです。例えばカフェで予約を受け付けると、予約札をテーブルに置いたり、予約台帳を記録したりと案外手間がかかります。フルサービス型の喫茶店ならまだしも、セルフサービス型のカフェでは、負担が大きいでしょう。AutoKeepは、基本的にお客様の予約から利用開始、終了までスタッフの手をわずらわせることがないので、少人数で回しているカフェでもご利用いただけます

<関連する機能>
VACAN AutoKeep

VACANの受付・待ち順管理の活用場所

商業施設 × VACAN Q ticket

Q ticketは、百貨店やショッピングモールなど商業施設のレストラン街にうってつけです。各店舗の待ち状況を、レストラン街入り口のデジタルサイネージで一覧して見られるようにすることもできます。

東京駅ナカ商業施設「グランスタ」様は、駅構内という行列を作りにくい場所で、Q ticketによる飲食店各店の受付・待ち順管理を行っています。構内のデジタルサイネージで、各店の待ち状況を一覧できるようにもされています。

グランスタ様のサイネージ
グランスタ様でのサイネージ表示

ラーメン店 × VACAN Q ticket

行列しやすいものの、完全予約制はとりづらい典型がラーメン店です。東京・浅草にあるミシュランガイドのビブグルマンにも選ばれた名店「麺 みつヰ」様でQ ticketをお使いいただいています。みつヰ様は店前が私道のこともあり、行列の管理に課題がありました。Q ticket導入後は、高齢のお客様でも問題なく操作でき、すっかり利用が定着したといいます。

麺みつヰ様

カフェ × VACAN AutoKeep

AutoKeepを、スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店様でご利用いただいています。同店には集中して作業ができるブース席が設置されており、それらの直前予約を専用サイトから行っていただけます。

スターバックスコーヒー様

オフィス × VACAN AutoKeep

テレワークが普及した昨今、フリーアドレス化やシェアオフィスの活用が進んでいます。しかし人気のある席はいつも混みがちで、席をおさえるのに苦労することもしばしばです。時間を決めてきっちり予約を受け付けるほどではないけれど、席利用をもっとスマートに行えるようにしたい。こういったときにはAutoKeepが役に立ちます。

NTTドコモ九州支社様のオフィスでは、VACAN AutoKeepを使って、1人用ブース席の直前予約ができるようになっています。テレワークが主流になった時代の、1つの新しいオフィスの形だと言えるでしょう。

ドコモ様
(実施公開時のニュースリリースへリンクします)

VACANの受付・待ち順管理で「密」対策を

VACANにはカメラなどで混雑を可視化するだけでなく、受付・待ち順を管理する機能もあります。これらを活用することで、混雑を抑止するだけでなく、すでに生じてしまった行列をうまく管理し、解消を図ることができます。もしも自施設で行列ができてしまっていたり、予約受付がうまくいっていなかったりする場合は、ぜひVACANに一度ご相談ください。

資料DL・お問い合わせ