2022.09.12

VACANの混雑可視化を活用して、選ばれ続ける宿泊施設・ホテルへ

フロントや大浴場などが混雑すると、お客様の満足度は低下してしまいます。バカンはユーザーに寄り添ったサービスを提供し、宿泊施設で過ごす時間をより充実したものにするために、お客さまの体験価値の向上を実現します。

バカンのサービスにより実現できること

お客さまの満足度は95%

バカンのサービスの導入により、各種混雑情報が館内のあらゆる場所で把握できるようになります。お客さまのスマートフォンや客室内のVODをはじめ、レストラン、フロント、大浴場などの館内各所にあるサイネージへ一括配信することで、宿泊施設での「混雑していてリラックスできなかった」「混雑状況がわからず、時間配分が上手にできなかった」などの、お客様の残念な体験を無くします。

さらに、利用者アンケートでは宿泊時にバカンのサービスをまた利用したいと回答した割合は95%に達しており、非常に高い評価を得ています。また、混雑情報を事前に把握することで密を避けた行動選択が可能になり、コロナ対策にも繋がります。

スマートフォンでの表示例

ホテルでのサイネージ設置例

従業員の負担を大幅に軽減

バカンのサービスを導入することで、各施設の混雑状況確認の問い合わせ件数は70%も削減しました。その結果、従業員の稼働が最小限に抑えられるので、より多くのお客さまの受け入れが可能になり、売上増加にも貢献します。また、収集した混雑データを集客へ活用することで、さらなるサービス展開が可能になり、満足度アップに繋げます。

各施設での具体的な活用例

フロント

・導入サービス名

AiS:フロントの天井にカメラを設置し、混雑状況を自動判定します。

・得られる効果

滞在人数をカメラが検知し混雑情報を配信することで、電話対応などを減らすことができ、オペレーションレスに貢献します。また、お客様の待ちスペースを確保する必要が無くなるので、スペースの有効活用にも繋がります。

レストラン

・導入サービス名

AiS:レストランの天井にカメラを設置し、混雑状況を自動判定します。

Q ticket:デジタル整理券の発行で、今何組待っているのかを表示します。スマートフォンをお持ちでないお客様向けには、順番が来た際の通知が可能。もちろん、物理的な発券も可能です。

・得られる効果

スマートフォンや店頭のタブレットから順番待ち受付を行い、施設内や店頭の混雑を緩和することで、ただ行列に並んでいた時間が館内で自由に過ごす時間に変わります。待ち列を管理、そして把握して配信することで「待ち時間」を「自由時間」に。

大浴場

・導入サービス名

AiS:脱衣所の入り口などに、高精度で人の出入りを検知できる専用機器を設置し、混雑状況を判定します。

Throne:貸し切り露天風呂の入り口扉などにセンサーを設置し、現在の利用状況をお客様のスマホから確認できるようにします。

・得られる効果

出入口に入退室検知カメラを設置して施設内の混雑状況をリアルタイムに可視化することで、混雑状況の把握が容易になり、お客さまの選択に納得感を与えます。

VACAN Throneについて:https://corp.vacan.com/service/throne

VACANを導入している施設の声

バカンのサービスを導入している施設の声を紹介します。

金沢彩の庭ホテル様

「大浴場と朝餉処(レストラン)に設置をさせていただきました。お客様に事前に混雑状況を見ていただけることで、安心の提供とサービスの向上を実現できています。運用上のストレスがないため、お客様からもスタッフからも良いコメントがあがっています。」

ホテル双葉様

「大浴場のある階(6F,7F)のエレベーター前にサイネージを設置したことで混雑の平準化に繋がり、お客様から安心して利用できたとのお声をいただいている。また、清掃時間直前にくるお客様が減り業務効率がアップしました。」

人材採用の前にできることがあります

今回ご紹介したサービスは、お申し込みから最短1.5ヶ月で導入が可能です。お客さまに快適な時間を提供し、選ばれ続ける宿泊施設・ホテルをバカンと共に目指しませんか?