Column 2023.01.06

年頭のご挨拶 2023年

あけましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2022年は、2020年ごろから世界中で感染が拡大した新型コロナウイルスとの共存を、日本や世界で模索し、少しずつ前進した一年でした。

日本でも、渡航制限やマスク制限の緩和などにより、新型コロナウイルス拡大前の状態に戻ってきています。また、リモートワークの拡大などにより、価値観や生活様式の変化も始まっています。

「待つをなくす」サービスを展開する弊社も、感染症の感染拡大を期に高まった「密や混雑をなくす」というトレンドを受け、昨年までに15,000箇所以上に導入されるなど、大きく成長を続けています。

2016年6月に創業してから7期目となり、混雑の可視化から座席予約、行列管理など待つに関わるさまざまなシチュエーションに対して、解決を提案できるサービス群が整ってきたことで、本格的に社会から待つをなくし、優しい世界を目指せるフェーズに入ってきました。

また1年半前から立ち上げたトイレのサイネージメディア「アンベール」の設置数も6,000箇所を越えるなど、会社としてより大きな成長を目指した取り組みも加速しています。

今後もすべてのステークホルダーの皆様とともに、”待つ”をなくし、皆にとって優しい世界をつくれるよう、より一層挑戦してまいります。

本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

株式会社バカン 代表取締役
河野 剛進