トイレの混雑を可視化し、解消
さらに動画広告の配信でトイレから収益を

資料ダウンロード

VACANのトイレ向け混雑可視化サービスとは?

各トイレの個室に小さなセンサーを設置し、
特許技術等を用いて高精度で利用状況を可視化。
空き・混雑の情報をインターネットを通じて配信することでトイレの混雑を分散させます。

また、トイレ個室内のタブレットに混雑情報を表示することで
長時間利用を抑制するオプション機能も。

さらに、タブレットに広告を配信することでトイレから収益を得ることも可能になります。

VACANのトイレ向け混雑可視化サービスとは?

混雑検知から
広告配信まで
3段階で活用可能

  • 1.

    混雑情報の配信だけ行う

    スマートフォンやデジタルサイネージなどに、現在のトイレの利用状況の情報を表示します。 トイレの個室ドアなどに小さなセンサーを設置して利用状況を高精度で判定します。

  • 2.

    個室内のタブレットに混雑情報を配信

    トイレの個室壁面に、専用ケース付きのタブレットを設置し、個室外の混雑状況や自分の利用時間を表示。 自主的な退出を促し、混雑を緩和します。

  • 3.

    個室内のタブレットに動画広告を配信

    個室内の専用タブレットに、30秒程度の動画広告を配信します。 広告収益の一部を得ることができ、機器の設置費用などにあてることも可能です。

長時間利用削減の実績

  • 30分以上の利用が半数以下に減少

    混雑情報表示用のタブレットをトイレに設置したところ、30分以上個室が利用される回数がマイナス64%と半分以上減少いたしました(1エリアあたりの1日平均で、2.5回から0.9回の減少)。 20分以上の利用もマイナス43%、15分以上もマイナス29%と、混雑解消に確かな効果を上げています。

  • トイレに費やす359時間を削減

    導入の結果、1個室あたり1日平均45分間、1回の利用につき平均41秒の削減効果がみられています。導入した全24個室での削減時間は、月間(20営業日換算)で359時間にものぼります。

※調査概要
【お客様】A社様(都内の大型オフィス)
【導入場所】都内の大型オフィスビルの男子トイレ(計3フロア、6箇所、24個室)
【計測期間】サービス導入前後の14営業日(計28営業日)
手軽にリアルタイムの利用状況を確認できる
センサーにて検知したデータはインターネットを通じて弊社のAIにより解析され、高精度で判定した混雑状況をお客様がお使いのスマートフォンなどでご確認いただけます。
個室の長時間利用を抑制できる
個室内で長時間利用されている方に、現在までの利用時間や個室外の混雑状況をお知らせすることで、他のトイレご利用者への気づかいをうながす効果が期待できます。
広告配信で収益を得ることができる
タブレットへ配信する広告から、一部収益を得ることが可能です。この収益を機器設置費用などにあてていただくこともできます。
利用時間データなど分析できる
よく使われるフロアや時間帯を可視化することで、清掃等メンテナンスの効率化や、今後の設備投資の検討に活用いただけます。

よくある設置場所

  • 百貨店など商業施設のトイレ

    混みづらい上層階のトイレに誘導することで、回遊効果を生み出します

  • オフィスビルのトイレ

    いつも個室が埋まっている、などのよくある従業員からのクレームを解消します

  • 駅など交通機関のトイレ

    既にお持ちの自社製アプリ向けに混雑状況データを連携している事例もあります

  • イベントホールなどのトイレ

    休憩時間など、特定のトイレが過度に混雑することの回避を図れます

導入事例

  • グランスタ東京(鉄道会館)様

    東京駅内にある東日本最大の駅ナカ商業施設でのトイレで、VACANのトイレ混雑可視化サービスをご利用位いただいています。可視化した利用状況は、トイレ入口前の専用デジタルサイネージなどに表示されています。

より詳しい情報を
ご希望の方へ

資料ダウンロード

トップへ戻る

資料DL・お問い合わせ