避難所の混雑状況をリアルタイムに把握し、業務の円滑化を図る

炭火焼肉じろう_オーナーとのれん

長崎県長崎市 さま

業種
官公庁
活用場所
避難所

避難所から混み具合をリアルタイムに発信
現地の業務の円滑化も図る

長崎県の県庁所在地、長崎市では、災害時に避難所の混雑情報を市民にお伝えする際、タイムラグが生じてしまう点に課題があった。従来は市のホームページで混雑情報を伝えていたが、情報のとりまとめや更新に時間がかかっていた。コロナ対策で各避難所の収容人数が下がり、より混雑しやすい状況下で、リアルタイムに混雑情報を発信する必要性が高まっていた。

長崎市が採用した「VACAN(バカン)」では、マップ状の画面で避難所の位置と現在の混み具合を伝えることができる。混雑情報は、各避難所の係員がスマートフォンなどから簡単に更新可能。リアルタイムの情報提供を実現した。また、これまでより少ない手間で情報発信ができるようになり、避難所の業務円滑化も図っている。

従来の避難所運営の課題

各避難所の混雑情報を市民にお伝えするのに時間がかかっていた

これまでも各避難所の混雑状況を市のホームページでお伝えしていた。しかし各避難所から混み具合についてメールで本部へ報告し、本部がそれを取りまとめた上でホームページを更新していたため、どうしてもタイムラグが発生していた。実際に避難所に行ってみると、ホームページ上の表示と異なっていた、という声もあった

各避難所での業務が多く忙殺されがちだった

各避難所は2名体制で運営されることが多いが、非常時であることに加え、昨今はコロナ対策として検温などの業務も加わり、忙殺されがち。少しでも業務の効率化を図りたかった。

VACANでこう解決!

各避難所から混雑情報をリアルタイム発信

各避難所の係員が、現場の混み具合に応じてスマートフォンなどから混雑ステータスを更新すると、すぐにVACAN上で表示されている混雑表示も切り替わる。リアルタイムに市民に情報提供が可能。

管理画面を操作するだけの簡単操作

メールでの報告や取りまとめが不要な、スマートフォン上の管理画面から混雑ステータスを更新するのみの簡単操作。係員に負荷をかけません。

VACAN選定のポイントは?

情報発信のリアルタイム性

市民への情報提供がリアルタイムに、しかも手軽に行える点。

お客様の声

避難訓練で利用 使い方も難しくない

長崎市では2021年5月に避難訓練を行い、VACANについても操作等の確認などを行いました。新型コロナの影響で、例年と異なり職員のみでの実施でしたが、実際に避難所に人を配置し、スマートフォンから混雑情報のステータス更新などを行いました。実際に使ってみていくつかの「こうすればもっと使いやすい」という要望は出てきましたが、使い方自体は難しくなく、全体としてスムーズに利用ができました。

(防災危機管理室 奥村 様)

【今回の関連サービス】

VACAN Maps