2022.01.12

VACANのサービスの品質はどう保たれているか?

VACANの品質管理/品質保証体制についてご説明します

当社はいわゆるベンチャー企業ですが、品質はどうなの?とご心配されるお客様がいらっしゃるかと思いますので、VACANの品質管理/品質保証体制についてご紹介します。

品質管理への想い

お客様に安心と感動する品質の提供を
VACANでは、“製品の質”、“カスタマーサービスの質”、“従業員一人ひとりの仕事の質”
の3つが一体となったものが品質であると考えています。

・製品の質とは、“たとえ不具合/故障率1%でも満足しない”というプロフェッショナルとしての誇りと、それを信じて成し遂げる姿勢

・カスタマーサービスの質とは、お客様の視点を尊重し、お客様の成功を第一に考え、お客様を成功に導く姿勢

・従業員一人ひとりの仕事の質とは、社員一人ひとりが楽しむことを忘れず、お客様にも楽しんでいただけるよう誠実に取り組む姿勢

当社は、この3つの姿勢を守り、お客様に安心と感動する品質を届けることで、社員一丸となって「いま 空いているか1秒でわかる、優しい世界」を実現しようとしています。

サービスごとにQAチームが品質保証

優しい世界の実現にむけ、VACANではソフトウェアだけでなくハードウェア含め様々な製品、サービスを取り扱っています。そんな中でスピーディにサービスの品質をささえるQAチームが日々稼働しています。メンバーは平均するとQA経験10年以上と経験豊富な人材で構成され、よりお客様にご満足いただけるよう企画段階から事業側に介入し柔軟に対応しています。

また、チーム内でメンバー1人1人の知見を活かし、サービスが魅力的であるか等の改善や意見を提案することでより良いサービス作りに貢献しています。

さらに品質管理委員会で品質低下をカバー

さらにVACANでは、QAチームだけでなく品質管理体制を運用、品質管理委員会も設立しています。

常務執行役を委員長とし、委員会内での審議を経て実行委員が各事業部門へ展開、各部門は、委員会での品質方針・目標に沿って部門目標を設定し、実行委員がこれらの達成状況確認と品質監査(後述)などによるモニタリングを行い、委員会に報告しています。

加えて品質管理規程で、問題の発生など品質状況を一元管理し、各事業部門ごとに品質管理定例を実施、実行委員へ集約することを規定し、品質管理のガバナンス強化も実施しています。

各事業部門ごとに品質監査

各事業部門の品質保証体制やサービス品質がVACANの目指す水準にあるかを確認するため、実行委員が品質監査を実施しています。監査結果を踏まえ改善を促すとともに、品質管理体制の改善を推進しています。一方、各事業部門では、ビジネスパートナーと連携・協力し、品質向上に努めています。

こうした品質監査の有効性をさらに高めていくために監査結果のみならず、品質監査フローそのものにも目を向けた改善も行います。

品質向上に関する教育

実行委員が定期的な共有会を実施し、品質管理の知識レベルの向上を図っています。

さらに品質管理定例を実施する中で品質管理実行委員からのフィードバックを行うことにより、品質管理への想いをもとに品質に対する意識向上を図っています。

今後は、各事業部門が量産や効率化の際に品質低下を防ぐように事業体制の再整備や、マネージャ層の教育体制の強化も進めていきます。

ここまでの通り、VACANでは品質を保つために様々な取り組みを行っています。スタートアップ企業ということで品質に不安を感じるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、当社としてはスタートアップかどうかは関係なく最適な品質で商品・サービスをお届けできるよう、精進してまいります。