2020.09.03

AIとIoT を活用したリアルタイム空き情報配信サービスの株式会社バカン、無人ホテル運営の株式会社リクリエと協業開始

AIとIoT を活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、株式会社バカン(東京都千代田区、代表取締役:河野剛進)は、無人ホテルを運営・実現のサポートをしているスタートアップ、株式会社リクリエ(福岡県福岡市、代表取締役:中西孝行)と両社のリソースを活用したサービス連携を開始いたしました

株式会社リクリエの無人ホテルで空き情報配信開始

■コロナ禍で無人ホテルの「非接触のおもてなし」に期待が高まる


新型コロナウイルスの影響により、全国各地でホテルの稼働率が低迷しています。新常態(ニューノーマル)の中で新たな需要を掘り起こす必要があるほか、対人での接客が当たり前の運営を見直し、3 密対策や非接触への取り組みに各社が対策を急がれています。

株式会社リクリエは 2016 年の創業以来、遊休資産の活用をテーマに無人ホテルの運営、また無人ホテル実現のためのチェックインシステム「Tabiq(タビック)」を開発しており全国 50 以上の施設を運営しています。同社は九州で初めて事前チェックインを活用した無人ホテルを実現しています。

​株式会社バカンは、AIとIoTを活用してホテル・旅館内の設備をはじめ、飲食店や公共施設などあらゆる場所のリアルタイム空き情報の配信サービスを展開しています。今回の連携により、宿泊施設内の非接触対策だけではなく、近隣の商業施設や飲食店、さらにはトイレの空き状況なども現地から離れた場所から確認できるようになる見込みで、「オンラインでのおもてなし」の可能性がさらに広がります。本連携は福岡市内での実証実験の後、その他の地域に提供を拡大していく予定です。


■リクリエについて


代表取締役:中西孝行
設立:2016 年2月
HP:https://reqrea.co.jp
本社:福岡県福岡市博多区博多駅前 4-3-22 産恵ビル 8F
リクリエは西日本を中心に無人ホテルを企画・運営、自社チェックインシステムを開発している企業です。2016 年の創立以降、全国 50 施設の無人ホテル「GRAND BASE(グランドベース)」を展開し、拡大してきました。無人化ホテルを実現するためのチェックインシステム「Tabiq」を開発・運営しております。


■バカンについて


代表取締役:河野剛進
設立:2016 年 6 月
本社:東京都千代田区永田町 2 丁目 17-3 住友不動産永田町ビル 2 階

バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラム J-Startup 2019 選定企業です。IoT、AI を活用してあらゆる空き情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、会議室、社員食堂など様々な場所の空き状況をセンサーやカメラなどで検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスを提供しています。

2016 年の創立以降、東京本社を中心に日本国内でサービスを拡大してきました。2019 年 4 月にはバカン初の海外現地法人となる空探科技(上海)有限公司を設立。海外市場への進出とともに、国内市場におけるさらなる需要の高まりに早急に応えるため、同 10 月に関西営業所、同 11 月に北日本営業所、2020 年 1 月に九州・沖縄営業所を立ち上げております。