2020.08.11

全世界2億人のユーザーを抱える台湾企業「Kdan Mobile Software」と株式会社バカンが、台湾でのサービス拡大に向け技術協力開始

リアルタイムに混雑状況を配信するサービスを提供する株式会社バカン(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下、「バカン」)と、電子サインアプリなどで全世界2億人のユーザーを抱えるKdan Mobile Software Ltd.は、台湾での空き情報配信サービス展開にあたり必要なビジネスプロセスを電子サインで効率化することを目指し、技術協力を行うことにいたしました。

「Kdan Mobile Software」と株式会社バカンが台湾展開に向けて協力

■技術協力の内容


バカンは、現在地近くの店舗・施設のリアルタイム空き情報をマップ上で確認できる「VACAN」(https://vacan.com)を提供しています。台湾市場でのバカンの拡大を加速するために、掲載希望店舗様との手続業務について、Kdanの電子サインサービス「 DottedSign(ドットサイン)」を活用した技術協力を行い、ビジネスプロセスの簡素化を行います。 VACANに掲載する台湾の店舗は、iOS、Android、およびWebブラウザーから電子サインをしてアカウント登録を完了できるようになります。


■技術協力の背景


バカンとKdanによる日台企業相互の技術活用が、両社の国内および海外業務の発展に繋がると考え、技術協力を行うものと決まりました。まずは台湾から技術協力を開始し、近い将来には日台でさらに多くの技術を使った協力関係が築けるようになることを期待しています。


■バカンの展開サービスについて


VACANでは、現在地近くのお店がリアルタイム空き情報とともにマップ上に表示されます。「空きあり」「やや混雑」などと書かれたピンをタップすると、お店の詳細情報が表示され、直前予約も可能です(予約機能は近日リリース予定)。空き情報は、お店に設置されたボタン型デバイスを店員の方が操作したり、カメラで取得した店内状況のデータから自動判定したりなど、店舗に合わせた方法で発信をしています。VACANをご利用される方々は、お店の空き具合を事前に確認することで、並んだり人との間隔を気にしたりすることなく、安心して来店することが可能になります。サービスは日本国内から始まり、台湾では8月現在、約30店舗の掲載があります(台湾においては空き情報の配信機能が制限されておりますが、近日中に日本と同等の機能が使えるようになる予定です)。


■Kdanの展開サービスについて


Kdanは2019年の第4半期にモバイルとPCに対応する電子サインアプリ「DottedSign(ドットサイン)」の提供を開始いたしました。「DottedSign」とは、従来より早く安全な契約締結・管理オンライン上で実現し、契約までの時間を圧倒的に短縮することができる電子サインアプリです。

また、複数の契約状況の進行状況のステータスを一元管理することができます。DottedSignを使うことにより、対面での署名の機会を大幅に削減し、プロジェクトの効率を向上させ、人と人との接触のリスクを減らせる「新しい働き方」を実現することができます。


<株式会社バカンについて>
株式会社バカンは、2019年に経済産業省からJ-スタートアップ企業に選定されたスタートアップです。AI×IoTを活用してあらゆる場所の空き情報をセンサーやカメラなどで検知し、それをスマートフォン、タブレット、または電子看板に同時に配信するサービスを提供しています。 
https://corp.vacan.com/index.html


<Kdan Mobile Software Ltd.について>
Kdan Mobile Software Ltd.は台湾発のSaaS企業で、全世界2億人のユーザーにご利用頂くクリエイティブ制作アプリとドキュメント管理アプリ、電子サインアプリを提供している企業です。特に、いつでもどこでも簡単契約できる電子サインアプリ「DottedSign」は、リモートワークに移行する企業活動の効率化を最大限支援いたします。
https://www.kdanmobile.com/ja/