2020.09.18

羽田空港近接のスマートシティ「HANEDA INNOVATION CITY」 株式会社バカンのIoT技術でトイレ等の空き情報を配信開始 〜鹿島建設らの「3D K-Field」をスマートシティで初活用〜

株式会社バカン(本社:東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下「バカン」)は、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)において開発が進められている「HANEDA INNOVATION CITY」(略称「HICity(エイチ・アイ・シティ)」、以下「HICity」)に、IoTによる空き情報可視化サービス「VACAN Throne(バカン・スローン)」を導入し、2020年9月18日よりトイレや会議室の空き情報の配信を開始します。なお、HICityは、国内9社の出資による羽田みらい開発株式会社(本社:東京都大田区、社長:山口皓章)が主導し開発を進めている大田区との官民連携事業であり、国家戦略特区の区域内に開業されます。

羽田イノベーションシティのトイレ等の空き情報配信開始

VACAN Throneは、HICity内のトイレ計28エリア74個室、会議室2室に導入され、リアルタイムの空き情報をPCやスマホ、施設内のデジタルサイネージから確認できるようにします。空き情報は、トイレや会議室内にそれぞれ設置したセンサーによって取得しています。また、デジタルサイネージは、鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:押味至一)が株式会社OneTeam(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤仁)、アジアクエスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:桃井純)、マルティスープ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:那須俊宗)らと共同開発した、建設現場でデジタルツイン(※)を実現するシステム「3D K-Field」を初めてスマートシティ向けに活用し、フロアマップと組み合わせた空き情報表示を可能にしています。


※現実で稼働する機器や設備をリアルタイムに仮想空間で再現すること。「3D K-Field」を建設現場で使う場合、作業員・資機材の位置や稼働状況を3次元マップ上で可視化することなどができる。

羽田イノベーションシティのトイレ等の空き情報配信の仕組み

■導入の背景


未来志向の新たな体験や価値を創出するまちづくりを推進するHICityでは、テクノロジーを活用しながら国内外からの観光客や来街者により安全・安心・快適に過ごしていただける環境をつくるため、トイレや会議室のリアルタイムの空き/混雑状況を可視化と情報配信を行います。

VACAN Throneは、手のひらに収まる程度のセンサーを、場所を比較的選ばず簡単に設置でき、トイレや会議室の空き情報をリアルタイムに可視化できます。検知した情報の配信も、デジタルサイネージやwebサイト、アプリなど柔軟に対応が可能であり、こうしたことなどからスマートシティ分野で多数ご利用いただいています。また、VACAN Throneを鹿島建設らの「3D K-Field」と組み合わせることで、3次元で仮想的に表現したHICity内に空き情報を表示し、どこが空いているか直感的に把握できるようにしています。


■ご利用方法について


インフォメーションセンター内に設置のデジタルサイネージ、またはPCやスマートフォンへの表示をすることで、混雑を避け、トイレをより快適にご利用頂くことが可能です。

関連 URL: https://throneservice.com/hi-city


■今後の展望


HICityでの空き可視化の取り組みでは、今後レストランやカフェ、足湯スカイデッキ、ライブ会場など、可視化できる施設を増やしていく予定です。

また株式会社バカンとしては、HICityでの取り組みで技術やノウハウをさらに積み上げることで、VACAN Throneの利便性をさらに高め、スマートシティだけでなく、空港や駅、オフィスビルや商業施設など様々な場所への導入を進めてまいります。


<株式会社バカンについて>
会社名:株式会社バカン
代表者:河野剛進
所在地:東京都千代田区永田町2−17−3 住友不動産永田町ビル2階
設立:2016年6月
バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、会議室、社員食堂などの空き状況をセンサーやカメラで自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスなどを提供しています。