2020.12.03

カフェの混雑を可視化!リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」を、セガフレード・ザネッティ・エスプレッソに提供開始

■セガフレード・ザネッティ・エスプレッソのリアルタイム混雑情報を配信
 コーヒーチェーン店「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」は、エスプレッソやコーヒーなどはもちろん、フードメニューやアルコールも豊富なメニューを取り扱うイタリア発のカフェです。店舗では自社で保有する業務用エスプレッソマシンメーカー 「La San Marco(ラ・サン・マルコ)」の機器を使ってエスプレッソを提供するなど、コーヒーのクオリティへのこだわりなどに特徴を持ち、全世界で数百店を展開しています。
 配信は、バカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN(バカン)」を利用して行われます。VACANには、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を一覧できる「VACAN Maps」(https://vacan.com)という機能があり、お客様はこのVACAN MapsにPCやスマートフォン等でアクセスすることで、店舗の混雑状況がご確認いただけるようになります。来店前に店舗の混雑情報を確認できることで、お客様は混んでいる場合は来店時間をずらしたり、別店舗をご利用いただけるようになります。

 

■サービス導入の背景
 新型コロナウイルスの感染拡大により、飲食店を利用する多くのお客様にとって「密」回避の重要性が高まっています。そんな中、同カフェでも一時休業や営業時間を短縮するなどの対応を行なってきました。また今回VACANが導入された「新宿3丁目店、新宿南口店」は、1日の平均利用者数が350万人を越える新宿駅に近く、コロナ禍において一層の密回避の対策が求められます。
 今回の取り組みで、リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」を使用し店舗の混雑状況をリアルタイムに可視化することで、新たな時代において支持される安心かつ快適な店舗の実現を目指します。

 

■リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」
 VACANは、お店や施設のリアルタイムの空き情報をスマホ等で見られるよう配信するサービスです。空きや混雑を検知するには様々な方法がありますが、今回はボタン型の専用機器(名称:IoTボタン)を操作して、スマホのマップ上に表示される混雑状況を更新します。混雑状況表示は、「空きあり」「やや混雑」「満」の3段階で表示されます。IoTボタンは、3つのボタン(「空」「やや混雑」「満」)がついた縦約10cm×幅約6cmほどの機器で、単独で通信ができ、電源コードを刺すだけで使用できます。

 

■セガフレード・ザネッティ・ジャパン株式会社について
代表取締役:森 聡郎
設立:1998年
URL:https://www.segafredo.jp/
所在地:〒156-0042 東京都世田谷区羽根木1-21-9

 

■株式会社バカンについて
代表取締役:河野剛進
設立:2016年6月
HP:https://corp.vacan.com
本社:東京都千代田区永田町2丁目17−3 住友不動産永田町ビル2階
バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、会議室、社員食堂などの空き状況をセンサーやカメラで自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスを提供しています。

資料DL・お問い合わせ