2020.07.31

株式会社バカンと多摩市、災害発生時にIoTを活用して避難所の混雑情報配信を支援する協定を締結

AI×IoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、株式会社バカン(東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下「バカン」)と多摩市(市長:阿部裕行)は2020年8日4日、災害発生時にIoTを活用して避難所のリアルタイムの混雑情報配信を支援する協定を締結いたします。導入時期は8月中旬を予定しております。


本協定では、災害発生時に多摩市からの要請により、バカンが避難所の混雑情報配信を行うIoTサービスを提供します。サービスは、一般提供をしているリアルタイム空き情報配信サービス「VACAN」を活用したもので、各避難所の職員が専用機器(名称:IoTボタン)を操作して、特設webサイトの混雑状況の表示を更新します。混雑状況表示は、「空いています」「やや混雑」「満」の3段階で表示されます。IoTボタンは、3つのボタン(「空」「やや混雑」「満」)がついた縦約10cm×幅約6cmほどの機器で、単独で通信ができ、電源コードを刺すだけで使用できます。


多摩市の避難所の混雑情報配信開始

 ■本取り組みの背景


多摩市では、災害発生時に一部の避難所に避難者が集中して混雑が発生してしまう問題がありました。新型コロナウイルス禍においては、避難所においてもソーシャルディスタンスの確保や体調不良者のゾーニングなどの対策が必要になり、収容人数が減少するため、混雑防止が喫緊の課題となっていました。そこで、VACANを活用し、混雑状況を確認した上で、市民自らが避難先を選択できる環境構築に取り組むことに決まりました。


■協定締結式について


日時:2020年8月4日(火)16:15
場所:多摩市役所 本庁舎4階 第一委員会室


■株式会社バカンについて


代表取締役:河野剛進
設立:2016年6月
本社:東京都千代田区永田町2丁目17−3 住友不動産永田町ビル2階

バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供。レストラン街やカフェ、トイレ、会議室、社員食堂などの空き状況をセンサーやカメラで自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービスを提供しています。