Information 2022.09.17

東京ミッドタウン八重洲で飲食店の混雑を抑制!空き情報配信サービス「VACAN」を提供開始

AIとIoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、株式会社バカン(東京都千代田区、代表取締役:河野剛進)は2022年9月17日より、三井不動産株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)が運営する東京ミッドタウン八重洲内にある飲食店3店舗の混雑情報の、施設内のデジタルサイネージ(電子看板)やウェブサイトへの配信を開始します。混雑状況の検知はバカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を通じて行われます。これにより利用者は店舗まで行かずとも、混雑状況を手元で確認できるようになります。

■導入について
今回の導入では東京ミッドタウン八重洲地下一階にある飲食店3店舗の空き状況を検知します。検知はバカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN(バカン)」を利用して行われます。お店のリアルタイムの空き状況は、ピーディーシー株式会社が提供するコンテンツ管理プラットフォーム「OneGATE(ワンゲート)」※とAPI連携を行うことで、同施設内に設置されたデジタルサイネージや同施設のHP上で確認できるようになります。混み具合の情報は、店舗内に設置したAIカメラを用いて判定・更新されます。

※ OneGATE(ワンゲート)は「散材しているコンテンツやデータを集約し、WEBやデジタルサイネージなどの自社メディアを強化させるためのコンテンツ配信・メディア管理・APIデータ連携・分析のスマートな運用を実現するメディアプラットホーム」です。

【導入店舗】
・芝蘭担々麺
・鳥開総本家
・フリホーレス

画像)表示イメージ(左:デジタルサイネージ用表示画面、右:スマホ用表示画面)

画像)表示イメージ(左:デジタルサイネージ用表示画面、右:スマホ用表示画面)

■導入の背景
東京ミッドタウン八重洲では、今回の導入によって次の2つの課題解決を目指します。
①利用者の利便性向上
東京ミッドタウン八重洲では、同一フロアに飲食店が複数あるため店舗ごとの混み具合を把握することが難しく、現地に行かずとも事前に手元や店内のサイネージから一括で混雑情報などを知りたいといったニーズがありました。

②施設の密の回避
コロナ禍においては、感染拡大防止のために密の回避などが求められます。これは東京ミッドタウン八重洲でも例外ではなく、人が同時刻に1箇所に集中し「密」になる状態を防ぐことが求められます。 

混雑情報を事前に知れることで、昼食などで混みやすいお昼時にオフィスワーカーの方をはじめとした利用者の分散利用が促進されるといった効果も期待されます。これにより快適なショッピング体験とコロナ対策を両立した、店舗環境の実現を目指します。

■混雑情報可視化の仕組み
混雑状況の可視化にはバカンが提供している、リアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」(https://corp.vacan.com/service)を活用します。VACANでは様々な方法で空きや混雑を検知/配信できますが、今回は店舗内に設置したカメラの映像をもとに空き状況を自動で判定します。店員の方の作業なども必要なく、既存のオペレーションを変えることなく混雑状況を可視化できます。これまで全国の百貨店やデパートなどに導入されています。

画像)サービスの仕組みイメージ画像)サービスの仕組みイメージ

■株式会社バカンについて
代表取締役:河野剛進
設立:2016年6月
HP:https://corp.vacan.com
本社所在地:東京都千代田区永田町2丁目17−3 住友不動産永田町ビル2階バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業です。IoT、AIを活用してレストラン街やカフェ、トイレ、観光地、避難所、投票所などあらゆる場所の空き状況を検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信しています。また空き状況可視化だけでなく、混雑の抑制・管理などもおこなっており、空き/混雑情報を起点とした「待ちをなくす」DXサービスを幅広く提供しています。