2019.12.19

IoTNEWSに空間の「空き」ソリューション ー12月度 IoTNEWS事業支援サービス勉強会レポートが掲載されました。

【メディア掲載】【講師登壇】
バカンが目指すIoTとAIによって実現する「いま、空いているか1秒でわかる優しい世界」について12月度 IoTNEWS事業支援サービス勉強会の講師を、バカン社長室長 髙田 とIoTプロダクト開発部長 木村 が講師を勤めました。

この勉強会は、IoT/AI関連のピックアップしたテーマで、海外イベントレポート、専門領域に詳しい講師による応用事例など、実践に役立つコンテンツを幅広いテーマで実施するIoTNEWS事業支援サービス会員向けの講座です。

当日の様子をIoTNEWSからレポートしていただいています。
ぜひお読みいただければ幸いです。

これまでIoTNEWSでバカンを取り上げていただいた、以下の記事へのリンクもございます。

[関連記事]バカン、IoT活用で多目的トイレの空満状況をマップ表示するサービスを川崎市での国際競技大会で提供

[関連記事]バカン、IoTとAIで空間を知能化する新サービス 商業施設の各レストランやカフェの空席状況をデジタルサイネージに一括表示、相鉄・髙島屋と共同で実証実験開始

[関連記事]バカン、トイレ空席管理IoTサービス「Throne(スローン)」を本格展開

🖥
バカンのサービスについて詳細をお知りになりたい方はこちらからどうぞ。
https://corp.vacan.com/service