VACANの「空き」情報配信サービスを近鉄奈良駅に導入いただきました

VACANのIoT・AIによる「空き」情報配信サービスを、インバウンド利用も多い近鉄奈良駅トイレに導入いただきました。混雑状況に合わせて表示を自動で切り替えるスマートサイネージで、トイレの予測待ち時間を日英2ケ国語表示可能です。

近鉄奈良駅VACAN導入

株式会社バカン(本社:東京都千代田区、代表取締役:河野剛進、以下VACAN)は、2020年3月30日より近鉄奈良駅2カ所のトイレについて、IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)を活用して、空き状況・混雑時の予測待ち時間を電子看板(デジタルサイネージ)に表示するサービス「VACAN Throne」を本格導入いたします。日本語・英語で表示が数秒ごとに切り替わります。トイレが混雑すると空いているトイレの地図情報に自動的に表示を切り替えるスマートサイネージです。本サービスによりインバウンド(訪日外国人)をはじめとする駅トイレ利用者の利便性向上が見込めます。本サービスは奈良県で初めて(※1)の駅トイレ混雑状況表示サービスです。また、駅トイレで予測待ち時間を表示する日本初(※1)のサービスです。

近鉄奈良駅サイネージイメージ

■本取り組みの背景


近年、駅のトイレ空き状況を利用者に知らせるサービスが始まっています。鉄道会社が試験的に1駅で導入した後、その他の駅にも展開するケースもあり、駅のトイレ混雑状況見える化が広がりつつあります。

近鉄奈良駅は観光地として人気の奈良の大仏、奈良公園、東大寺などの最寄り駅で、外国人観光客が多く利用する駅です(参考情報1、2)。トイレは2カ所、改札外(地下1階)と改札内(地下2階)にあり、改札外のトイレは混雑し行列する傾向にありました。改札外のトイレ利用者のほとんどは駅改札内も通過するため、すいている改札内トイレに誘導できれば、混雑の平準化が見込め、駅を利用する方々の満足度向上が期待できます。


■トイレ「空き」情報配信サービスを用いて混雑状況に合わせて表示を切り替えるスマートサイネージを導入


VACANはIoT・AIを活用して、トイレの混雑状況を検知し、混雑の状況をデジタルサイネージに表示します。トイレ個室に空きがあるときは、空き個室数を表示し、混雑時には目安の待ち時間を表示します(※2)。一方のトイレが混雑し、もう一方が空いているときには、空いているトイレまでの案内地図に表示を自動的に切り替えます。混雑状態を独自のAIアルゴリズムで自動的に判断し、すいているトイレを案内する仕組みです。

近鉄奈良駅ホームのサイネージ

■VACANについて


VACANは経済産業省が選定する官民による支援プログラムを受けるJ-Startup選定企業です。VACANは、IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供することにより「いま空いているか、1秒でわかるやさしい世界。」を目指しています。レストラン街やカフェ、トイレなどの空き状況をセンサーやカメラで自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンに配信するサービス「VACAN」を提供しております。また、これらのテクノロジーを応用し、会議室やトイレ・社員食堂などオフィスの効率化を総合的に支援するサービス「VACAN FOR OFFICE」やお弁当お取り置きサービス「QUIPPA」を提供しています。


■外国人観光客のためのVACANサービスの特長


1)大きなデジタルサイネージ(電子看板)を設置 改札外トイレ、および改札付近に設置する大きなサイネージは強制視認性が高く、初めて近鉄奈良駅を利用するお客様にも空いているとトイレ情報を認識してもらいやすいです。アプリの存在を知って、ダウンロードしないと使えないアプリより、外国人観光客に情報が届きやすいです。

2)日本語と英語の2カ国語で表示。 日英で数秒ごとに表示します。また、言語がわからなくても認識しやすい、数字や地図を使った表示デザインです。


■今後の予定


VACANのトイレ空き状況・予測待ち時間表示サービスおよびマップ表示切り替えを活用した、混雑平準化が期待できるサービスを、駅、空港、商業施設、オフィス、観光地等、ありとあらゆるトイレに展開していく予定です。本サービスの技術は、トイレ以外にも飲食店街や観光地など、様々な「空き/混雑」の可視化にも応用可能です。


株式会社バカンの概要


《商号》 : 株式会社バカン
《本社所在地》 : 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-3 住友不動産永田町ビル2F
《代表取締役》 : 河野 剛進


※1当社調べ
※2特許出願中の独自技術を用いて、待ち状況をタイムリーに検出しています
参考情報1  近畿日本鉄道駅別乗降人員 https://www.kintetsu.co.jp/tetsudo/c.html
参考情報2 平成30年奈良市観光入込客数について 表3 https://www.city.nara.lg.jp/uploaded/atta8chment/27398.pdf