スピーディで低コストな
人流解析システム開発

AI×IoTによるリアルタイム混雑情報配信プラットフォームVACAN

Government Award Design Award

人流解析を活用してみたい方へ
最適な方法をご提案いたします

クライアント様にご提案されたい方はこちら

資料をDLする お問い合わせ・お見積り

VACANとは

VACANは、カメラやセンサー等、あらゆるデバイスの情報を収集し解析するプラットフォームです。VACAN単体でも既存サービスに組み込んでも使えます。解析結果のリアルタイム表示やデータのマーケティング活用も可能。

Mall Key Visual

VACANの機能

Camera Counter

人数カウント

対象の施設に入っている人数をカウントする機能。宿泊施設、商業施設等で使われる。

Human Detection

人の滞留検知

一定時間同じ場所へ滞留していることを検知する機能。防犯用途等に使われる。

Identification

識別(一部属性)

人やモノ(数字等)の識別をする機能。人の属性も一部検知可能。観光地のデータ収集に使われる。

VACANのメリット

あらゆるデータを解析する専用AIを活用
1からの開発は必要なく、費用とリスクを最小限に

DX visual

VACANにはデバイスに依存せず、あらゆるデータを解析することに特化したAIプラットフォームがあります。フルスクラッチで開発する必要がないため、スピーディに費用を抑えて開発が可能です。また、解析した結果を顧客にわかりやすい形で作るデザイン部分も得意とします。

人流解析を活用したDX支援のご提案をいたします

クライアント様にご提案されたい方はこちら

資料をDLする お問い合わせ・お見積り

VACANの活用事例

Ise City Picture

三重県伊勢市 様

VACANの人流解析を人の通る観光施設や道路へ活用し、リアルタイム混雑状況を見える化。観光周遊の「安全安心」や「快適な観光」をサポート。リアルタイム情報だけでなく、混雑の予測まで一気通貫で行うこおとにより、さらなる体験価値の向上に対する施策を打つためのバックデータも同時に取得。

Shimizu Logo

清水建設 様

都市OSでの解析や予測、シミュレーションによる情報提供を手掛けている。解析に用いるデータは様々なデバイスを駆使してまちのあらゆる施設から取得しており、バカンの混雑検知、可視化サービスも複数活用されている。

Nishi Nippon Bank

西日本シティ銀行 様

VACANの画像解析技術を活用し、店舗内の混雑状況を見える化。「空き」「やや混雑」「混雑」と表示することに加えて、◯人〜◯人滞在という滞在データも表示。取得できた毎月のデータを分析し、結果をフィードバック。時間別の混雑の平準化による従業員の業務負担軽減に繋げる。

全国での導入実績

VACANの人流解析 導入の流れ

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください

お打ち合わせ

オンラインでも対面でも可能です

ご提案・お見積り提示

設置場所やご予算に合ったご提案をいたします

ご発注・機器設置

施工も弊社で実施が可能です

運用開始

運用や効果検証のサポートもいたします

FAQ

Q. どのくらいの費用・納期がかかりますか?

使用する機器の台数や必要な開発内容によって金額が変わるため一概には申し上げられませんが、VACANを使用すればすべて一から開発を行うよりも、比較的迅速かつ安価に済むことが多いです。

Q. 自社利用ではなく、顧客提案することは可能ですか?

可能です。お取引形態によってはご対応できない場合もございますので、事前にお問い合わせください。こちらから顧客提案される方向けの資料もダウンロードいただけます。

Q. 機器のサンプルやデモ画面を見ることはできますか?

可能です。こちらよりお問い合わせください。

まずはサービス資料をダウンロード

クライアント様にご提案されたい方はこちら

資料をDLする お問い合わせ・お見積り

*本資料の内容:人流検知や混雑可視化の概要、VACANの概要、活用されている企業様の事例など