2021.09.24

施工不要で設置ができる!VACAN ランドリー空き状況可視化サービスとは?

ホテルや旅館などにも多く導入いただいているVACANですが、活用の場は大浴場やフロントだけではありません。ホテル・旅館につきもののコインランドリーでも空き・混雑の状況を可視化し、お客様に配信することができます。

ランドリーのイメージ

ランドリーの空き状況可視化とは?

洗濯機が空いているタイミングがセンサーでわかるようになる

長期の旅行や出張の際に、ホテル・旅館に備え付けのコインランドリーを使われたことがあるかもしれません。クリーニングに頼むほどでもない洗濯物は、出てきてしまうものですよね。ただ、大きなホテル・旅館でも意外と洗濯機や乾燥機の台数は少ないものです。洗濯しようとランドリー場に行ったけど全機使用中で一度部屋に戻った…という経験がある方は、少なくないのではないでしょうか。

そうした「行ってみたけどダメだった」を防ぐのが、VACANのランドリーの空き状況可視化サービスです。これを使うことで、既設の洗濯機や乾燥機に専用のセンサーを設置することで客室にいながら「今洗濯機や乾燥機が空いているか」を確認できるようになります。

画面表示のイメージ

センサーは、洗濯機や乾燥機が利用される際に流れる電流を検知することで、利用中かどうかを判断しています(と書くと非常にシンプルですが、安定して精度を出すためには技術が必要です)。可視化した利用状況は、Webサイトやサイネージに表示することができます。

 空き状況センサーは既存の洗濯機に後付けできる

最近は、はじめから空き状況の可視化ができるIoT洗濯機・乾燥機も発売されていますが、今のものがまだ使えたり、求めている機能に対してオーバースペックだったりと、買い替えしづらいケースもあります。

その点、VACANのランドリー空き状況可視化サービスは、既設の洗濯機・乾燥機に後付けして利用ができる強みがあります。用いるセンサーは小さく、設置に大掛かりな工事が必要ないのも特長です。

機器設置のイメージ
コンセント部分に機器を設置

 ランドリー空き状況可視化サービス導入の流れ

サービスご利用開始までの流れを3ステップでご説明します。

(step 1) ランドリー場の電波チェック

洗濯機・乾燥機に取り付けるセンサーは、電波で通信し、親機を通じてインターネットにつながっています。ですので、まずはランドリー場の通信環境を確認させていただきます(圏外になるなど通信状況が極端に悪い環境ではご利用頂けない場合があります)。

(step 2) 洗濯機用センサーなど機器の取り付け

センサーなどを取り付けます。使う機器は2種類で、コンセントに取り付ける「センサー」とセンサーの信号をキャッチしてインターネットと通信する「親機」があります。

センサーは、洗濯機や乾燥機のコンセント部分に設置します。設置方法は非常に簡単で、もちろん施工は不要です。

親機の設置は、ランドリー場のどこかに設置いただきます。電源が必要なので、コンセントの近くに置くとベターです。この親機がセンサーからの信号を受け取り、インターネットを介して通信するのですが、これらネットワーク環境は弊社でご用意できるので、新たに回線を引いていただくなどの手間がありません。

 (step 3) お客様ご確認用URLのお渡し

お客様が空き情報を確認するためのURLをお渡しします。VACANのランドリー空き状況提供は、施設専用のWebページを作成し、お客様のスマホ上で閲覧できます。普段お使いのブラウザで見られるため、専用のアプリをダウンロードをしていただく必要がありません。ランドリー場にQRコードを掲示したり、ホテル・旅館なら客室に案内の紙を置いておくなど、周知も容易です。

ページ上の表示は「空きあり 残り2/3台」「使用中 残り0/0台」のようになります。表示をまとめずに、洗濯機1台1台の利用状況を表示することも可能です。

スマホ用サイトだけでなく、デジタルサイネージなど大きな画面への表示や、APIの提供も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

ランドリー空き状況可視化のご活用場所

ランドリーの空き状況可視化は、ホテル・旅館以外でもご活用いただいています。例えば、学生寮やシェアハウスなど、共用のランドリー設備がある場所なら問題なく設置ができます。

これらの場所では、しばしばランドリー以外にも混み具合を可視化すると便利な箇所がたくさんあります。典型的な例が、施設の中にある大浴場やトイレなどです。VACANは複数の異なる場所の混み具合を横断的に可視化・配信することができるため、今すぐでなくても、今後可視化する場所を広げていく可能性があるなら、ぜひ検討の候補に入れていただければ幸いです。

ランドリーの空き状況可視化で満足度アップ

ランドリーは1回の利用が30分から1時間超とかなり長く時間をとられることや、利用時間帯が重なりやすいことから、不便が発生しやすい場所です。施設の利用者様が実際にランドリー場に行ったが、空きがなく使えずに戻ったというケースも少なからず発生しているはずです。

筆者(VACAN社員)自身も、かつては出張族でしたが、洗濯機が空いておらず何度も客室とランドリーを往復した苦い経験があります。そのため、いつからか長めの出張の際はできるだけ洗濯機の空き状況を配信しているホテルを選ぶようにしていました。これは個人的な体験でしたが、同じような苦労をしている方は少なくないのではと思います。ランドリーの空き状況可視化は、利用者様の満足度を上げるためにきっと役立つはずです。

VACANのランドリー空き状況可視化システムについては、こちらから資料をDLいただけます。お見積り依頼はこちらからお願いいたします。