テスト用ページ

空間DX
Powered by VACAN

カメラやセンサーによる満/空データで、あらゆる空間の生産性を上げる。

資料ダウンロード

VACANの空間DXとは

カメラやセンサーなどで人やモノの「空き」や「混雑」「流れ」などのデータを取得。解析や配信によって、リアルな空間を、もっと便利で効率的な場に変えていきます。
VACANは、IoTとAIでリアル空間のデジタル化をどこでも、誰でも簡単に行えるようにするプラットフォームです。

VACAN

VACANの空間DXの特長

  • 1

    どんな空間も見える化

    すべての基本となるのが、データ取得による見える化。VACANはカメラもセンサー、整理券システム、席予約システムなど様々なデータを用いることができ、屋外も屋内もあらゆる場所に対応できます。

  • 2

    高度なデータ活用も可能

    混み具合の配信などVACANでデフォルトで提供されている機能については、どなたでも直感的に操作できるかんたん仕様ですが、より高度な応用も可能です。取得したデータを解析して、別のシステムを制御したり、他サービスに組み込むなどの活用を行うことができます。

  • 3

    空間をより便利に変える

    デジタルの力で、その場所を混みづらくしたり、行列を解消したり、あるいは人や物の多寡によってシステムを制御したり。リアルな空間を、より便利で過ごしやすい環境に変革します。

空間DXに関する資料やお見積はこちら

ソリューションの提供イメージ

  • 観光

    人流データを解析して混雑予測情報を提供。アプリ上の案内と連動し、回遊を促進。

  • スマートシティ

    オフィスや店舗など様々な場所の混み具合や人流を解析し、サービス向上や都市の運営に活用。

  • 交通

    道路上の車や人の流れを解析。それらデータをアプリ等に接続してMaaSの文脈で活用。

  • 防災

    災害時の避難所の位置や混み具合を地図とともに配信。避難先の分散とともに防災業務を効率化。

VACANの空間DX 実行の流れ

  • ご提案

    お客様の状況を伺った上で、専任の担当者からベストなIoTソリューションをご提案いたします。

  • 導入支援

    機器設置やシステムの仕組み、画面の操作方法などは弊社が最大限サポートいたします。

  • 運用開始

    運用開始後も、機器の保守から導入の成功まで専門チームが支援いたします。

料金体系

  • 初期費用

    使用機器費、設置作業費、初期設定費、など

  • 月額費用

    機器の利用台数や利用方法により異なります。

  • 開発費用

    専用の機能開発が必要な場合、発生いたします。

※一般的な案件の場合。詳細はお問合せください。

トップへ戻る